雄大な山々は、日々の変化を携えながらその姿をいつもわたしたちの前に現します。水がたゆたい、土を耕す。代々と受け継がれてきた地域の恵みと里山の知恵が、新しい価値と融合し、北杜市ならではの食文化を生みだしています。そんな北杜市の自然の中で耳を澄ますとさまざまな音が聞こえてきます。風がささやき、水が流れ、土の中や山や森ではは命がうごめく。発酵する音、空気が揺れる音、雨がふる音、実を採る音、そして豊作を祝う声。八ヶ岳南麓ならではの、生きるうえでのさまざまな豊かな音が耳をすますと聞こえてきます。ここでしか出会うことができない「ホクトノオト」を探す旅へ。

雄大な山々は、日々の変化を携えながらその姿をいつもわたしたちの前に現します。水がたゆたい、土を耕す。代々と受け継がれてきた地域の恵みと里山の知恵が、新しい価値と融合し、北杜市ならではの食文化を生みだしています。そんな北杜市の自然の中で耳を澄ますとさまざまな音が聞こえてきます。風がささやき、水が流れ、土の中や山や森ではは命がうごめく。発酵する音、空気が揺れる音、雨がふる音、実を採る音、そして豊作を祝う声。八ヶ岳南麓ならではの、生きるうえでのさまざまな豊かな音が耳をすますと聞こえてきます。ここでしか出会うことができない「ホクトノオト」を探す旅へ。

ホクトノオト

 

 

 

 

大地を耕し、作物をつくりその恵みをいただく。幾重にもつづくこの連鎖の中で、わたしたちは生きています。連鎖はやがて循環になり、小さな世界が生まれます。そこでは小さな命がうごめき、あたらしい命を繋いでいく。食べることで大地を感じる。その土地の風土とは、小さな世界の連なりなのかもしれません。

 

 

 

 

時に静かに、時に激しく。わたしたちにいつも寄り添っている水を辿ると、命にいきつきます。豊かな水があるということは、命も豊かということ。山や川に、そしてわたしたちの中に。八ヶ岳の豊かな伏流水が、この土地に住むあらゆる命のもとになっています。その土地の水で醸す酒は、ここにしかない風土をまとった酒になります。

 

 

 

八ヶ岳南麓、北杜市は里山の食文化を残す場所。風が山でささやき、雨が大地に降りそそぎ、多くの命を育み抱く山々。そこかしこで、命が生まれる音がします。山の暮らしから生まれた食の知恵、暮らしの道具、そして自然を畏怖し敬うための信仰。忘れてはいけない大切な人間の根源がそこにはありました。

 

 

 

 

 

「ホクトノオト」では、北杜市の大地や山々でしか聞こえないオトをめぐりました。自然のいとなみの中で育まれた命は、自然のちからやシェフの手法によって一皿一皿に凝縮され、八ヶ岳南麓の「その土地らしさ、その土地らしい味わい」をまとった料理になりました。食べることは生きること。命を繋ぐこと。この終わらない緩やかなルールの中で、わたしたちは生きてい丸ことを実感します。

「ホクトノオト」では、北杜市の大地や山々でしか聞こえないオトをめぐりました。自然のいとなみの中で育まれた命は、自然のちからやシェフの手法によって一皿一皿に凝縮され、八ヶ岳南麓の「その土地らしさ、その土地らしい味わい」をまとった料理になりました。食べることは生きること。命を繋ぐこと。この終わらない緩やかなルールの中で、わたしたちは生きてい丸ことを実感します。

Contact

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

お問い合わせ内容

Hokuto Local Gastronomy Tourism -ホクトノオト-